■008号■茄子の鴫焼きと茄子の俗諺

 いらっしゃいませ。今日はご子息とお二人で。お幾つになりました。
えっ56歳? いえ、お父さんの歳ではなく、息子さんのほう。
20歳ですか。いいですねえ、跡取りがいらっしゃいまして。

  『”瓜の蔓に茄子はならぬ”* といったところかな』 

いえいえ、”瓜や茄子はなりなり”* と申します。立派に跡をおつぎになるでしょう。
息子さんも、お父上を見習って修行なさってください。
”親の意見と茄子(なすび)の花は千に一つも仇はない”* と申します。
 
それでは、茄子の鴫焼き(ナスのシギやき)でもおつくりしましょうか。


茄子

◆きょうの品書き(目次)◆
————————————–

————————————–
 

【1】茄子の鴫焼き(ナスのシギやき)

 茄子を縦に切った形が、鴫(しぎ)に似ているので、しぎ焼き、と呼ぶ
とも言われておりますが、鴫壷焼き(しぎつぼやき)から転じたのが本当の
ようです。
 それでは、【茄子のしぎ焼きとは、鴫壷焼のなごりである】と仮説を立てて
これを検証してまいりましょう。

 先ず、鴫壷焼き(しぎつぼやき)とはどんな料理だったのか。

・室町時代、天文4年(1535年)「武家調味故実(ぶけちょうみこじつ)」に
「しぎつぼのこと、」云々という記述があります。
 塩漬け茄子の中をくりぬいて、下ごしらえしたしぎの身を射れる。
柿の葉でふたをして、藁(わら)で縛る。石なべに酒を入れて、これを煎る。

・そして、天文19年(1550年)「包丁聞書(ほうちょうききがき)」には、
鴫壷焼と云は、生茄子の上に、枝にて鴫の頭の形を作りて置也。>
柚子味噌にも用(いる)
」とありますから、もはや鴫の肉は使わず、
シンボルとして、枝で鴫(シギ)の形を作ったということでしょう。

江戸時代には、現代の茄子のしぎ焼きと大差ない料理となって
いたようです。
・「俳諧発句帳」(寛永10年、1633年)にある徳元の句。
  
    鴫やきや なすびなれども とり肴
・「料理物語」 (寛永20年、1643年著者不明。江戸初期の料理書)
 
    鴫焼き 茄子(なすび)をゆでよきころにきり串にさし山椒味噌付て焼くなり。
・「佐夜中山集」(寛文4年 、1664年・松江重頼・撰)の句集には、
    鴫やきは かならず秋の 茄子哉 
・さらに、江戸の国学者、喜多村信節(きたむらのぶよ、1784-1856)の
 「瓦礫雑考」 (文化14年、1817年)には
  茄子のしぎ焼きというものは、鴫壷焼から転じたのであろう、という意が、記されています。

 もう、決まりですね。
現代の茄子のしぎ焼きは、鴫壷焼のなごりである。】そして、それは
江戸時代に確立された、と。

 
・喜田川守貞が天保8年(1837年)から30年かけて、
著したといわれる「守貞漫稿(もりさだまんこう)」には、
 「京阪ニテナスビノデンガクト云、江戸ニテハナスノシキヤキト云
 (京阪にては茄子の田楽と言い、江戸においては茄子のしぎ焼きと言う。)
と ありますから、室町時代の鴫壷焼から端を発した しぎ焼きですが、
もう、鴫(シギ)はどこかへいってしまいました。

 柚子釜(ゆずかま)と言う料理は鴫壷焼きから発展したものであります。
田楽についてもお話したいと思っておりましたが、長くなりそうですから、
またの機会に譲りましょう。

 
 『茄子のしぎ焼きだけで、俺たち親子、ここまでおやじの長いウンチクに
付き合ってきたんだ。何か出してくれ。手っ取り早く出来るものを

 茄子の漬物でよろしゅうございますか。
「何も茄子の香の物(なにもなすびの こうのもの)」*です。

 

【2】茄子の俗諺

 今日出てまいりました諺の類を整理しておきます。

*1 瓜の蔓に茄子はならぬ
(ウリのつるにナスビはならぬ) 
ウリの蔓(つる)にはウリしかならぬのは当然で、平凡な親からは平凡な子しか生まれないということ。蛙の子は蛙、と同じ。
 
反対が「筍の親勝り(タケノコのおやまさり)」や

鳶が鷹を生む(とんびがたかをうむ)」など。

*2「瓜や茄子はなりなり
(ウリやナスはなりなり)
ウリもナスもそれぞれの形があり、人間もそれぞれふさわしい姿、形がある。

*3親の意見と茄子の花は千に一つも仇はない
(おやのいけんとなすびのはなはせんにひとつもあだはない。)
茄子の花は咲けば必ず実を結ぶといわれており、おやの意見も同様、すべてためになる、ということ。

*4何も茄子の香の物
(なにもなすびの こうのもの)(なにもなすびの こうのもの
ご馳走はなくても、茄子の漬物があればもてなし出来る、要はおもてなしの心だ、ということ。

◆◆まだまだあります、茄子がらみの俗諺◆◆ 

茄子は友露受けねば千なる
(ナスビはともつゆうけねばせんなる) 
ナスは隣りどうしを離して植えれば、のびのび育っていっぱい実がつく。 近頃のお若い方たち、このように育ったんですな。

一富士二鷹三茄子
(いちふじにたかさんなすび)
これについては、諸説ありまして、別の機会に詳しくお話ししましょう。

小茄子に年の寄ったるが如し
(こなすにとしのよったるがごとし。)
小ナスが古びてしなびれている様。小さいのにひねていることの例え。 いるよね。

茄子苗と女は余らぬ
(なすびなえとおんなはあまらぬ)
ナスはムダ花がなくほとんどが実をつけるから、苗が余る事はない。
女性も、それぞれ縁を得て ふさわしい相手ができ、売れ残ることはない。
昔の話だね。近頃はね、嫁になんかいかねぇよ、て娘、あたしの周りにも。いけねぇだろ

師走筍 寒茄子
(しわすたけのこ かんなすび)
季節はずれに食いたいもの。手に入りにくい珍味を言うときに使う。
いまは何でも一年中あるから、この諺、通用しなくなちっまたのが残念。

秋茄子嫁に食わせて七里追う
(あきなすびよめにくわせてしちりおう)
嫁は「嫁が君」、ネズミのこと。ネズミに食われて七里も追いかけたほど、秋茄子は旨いという事。
 
秋茄子は嫁に食わすな

て言うアレ、二説あるのはご存知ですね。
嫁いびり説と子宝気遣い説。これも、近いうちにやりましょう。

 

【3】酔中歌(編集後記)

◆◆♪Summertime 1935 (w)Du Heyward (m)George Gershwin
♪Summertime は『ポーギーとベス』の第1幕で若い漁師の妻クララが歌う子守り歌。
『ポーギーとベス』は1935年9月に初演されたオペラ。黒人が主人公であり、黒人だけ出演する作品。(警官役のみ白人)
ビリー・ホリデイの♪Summertime ↓

■あたしの店も、明日から盆休み。
 2つ考えがありましてね、まだ決めかねているのです。

■1つは、仕込み。
 料理の仕込みは、毎日やっていることですが、
少し、まとっまた休みに、いろいろ仕込んでおかねばならぬことあります。
パソコンはまだまだ不得手だし、絵も上達したいし、途中で投げ出してしまった
習い事もありますし、、、これじゃ、ガキのころの夏休みだね。
結局何もしなかった。
■だから、2つ目の考えでいこうかなと。
 何もしない。だらだらすごす。な す が ま ま。

 いづれにしても、毎日、酒を飲むのですが。
 『おやじ、酒なら俺も毎日 付き合うぜ
 おや、まだいらしたんですか。
 息子さんはとうに、おかえりになりましたよ。
 また、ごいっしょに。
 おまちしております。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ